1. 資格・ライセンス

LICENSE資格・ライセンス

身につけた知識・技術を証明

JOTは、「内閣府認証日本統合医学協会」「全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)」の認定校です。
そのため、未来へつながる多くの資格取得が可能。
どの資格も身につけた高いスキルを証明してくれるので、就・転職活動だけでなく、資格取得が大きな自信へとつながり、
インストラクターとしての活躍を支えてくれることでしょう。

資格の活かし方

  • 子供の健やかな成長のため
    子供の健やかな成長のため
    親子の関係を深め
    子供の心と体の
    健やかな成長を助ける

    子供を対象としたヨガ・ピラティスは、成長の過程で大切となる、身体的柔軟性とバランス感覚が向上するだけではなく、呼吸法によるこころの安定、運動不足や肥満の解消などでも注目されています。また、親子で行なうことで一緒に楽しみながら、コミニケーションを深めることができます。

  • 主婦のストレス解消や美容・健康
    主婦のストレス解消や美容・健康
    運動不足による
    主婦の悩みを解消
    美しく健康的な姿へと導く

    主婦は、家事や育児など、家の中で過ごす時間がどうしても増えてしまうため、運動不足による肥満やストレスなど悩みはつきないもの。心と身体の両面に働きかけるヨガとピラティスでストレスや運動不足を解消、「いつまでも若々しくあり続けたい」と願う女性のニーズにも応えることができます。

  • 社会人の身体づくり
    社会人の身体づくり
    頑張りすぎる
    現代社会人の
    メンタルと肉体をサポート

    ストレス過多な現代社会人。ヨガ・ピラティスなら、呼吸法を通して精神的ストレスやプレッシャーへの対処法、集中力を高め仕事の効率をアップさせる方法など、メンタルトレーニングを取り入れた指導が可能。また、多様なニーズにはパーソナルトレーナーとしてプライベートレッスンの需要も。

  • 高齢者のケガ、介護予防
    高齢者のケガ、介護予防
    シニアが抱える
    体と心の不調を
    やわらげ笑顔に

    高齢社会が進む日本で今注目されているのがシニアを対象としたヨガやピラティス。共に身体の可動域が低下したシニアの方にも安全に行なうことができる運動です。年齢を重ねることで表れる、姿勢の崩れ、体力や筋力、意欲と気力の低下、不眠や不安感といった不調に働きかけ、体と心に明るい変化をもたらします。

  • 自分自身の健康管理
    自分自身の健康管理
    家族のため
    人のため
    まずは自分の身体を整える

    ヨガ・ピラティスを学ぶことは、自分自身の身体と向き合うことでもあります。その中で、自身の身体のクセに気づき、それが良い方向へと変わることが実感できるでしょう。その経験は自分自身を助けるだけでなく、大切な家族の健康や、多くの人の健康のために役立てることができます。

2JOTなら信頼・実績のあるつの団体の資格取得が可能!
内閣府認証 日本統合医学協会

統合医療の観点からヨガ・ピラティスを学んだ証し内閣府認証 日本統合医学協会

内閣府認証 特定非営利活動法人である日本統合医学協会は、新しい医療体系として脚光を浴びる「統合医療」に着目。"医療"と"癒し"の両面に精通した公共的な組織として設立されました。
西洋医学をベースに、代替医療をバランスよく組み合わせ、一人ひとりの心身をトータル的な角度から指導できる「メディカルヨガインストラクター」や「メディカルピラティスインストラクター」資格認定、セミナーやボランティア活動の支援など、統合医療の普及啓発に努めています。さらに、最新テクニックや資格取得のための講習会、サロン開業サポートなど、資格取得者に向けた様々な支援活動も行っています。

RYT200

世界80カ国以上、世界で通用するヨガの国際認定資格全米ヨガアライアンス
(Yoga Alliance)

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、1999年に2つのヨガ団体が合併してできた 世界で最も知名度の高い米国のヨガ協会です。同協会は、ヨガ資格では初めて世界80カ国で通用する、世界共通水準を定め、世界で広く認知されています。ヨガインストラクターの育成や認定講師のレベルアップを目指し、授業時間、内容、指導者の最低限レベルなどの基準を定めています。 定められたカリキュラムを修了の後、全米ヨガアライアンスへの資格登録をすると、「全米ヨガアライアンス認定インストラクター」として活躍することができます。

ヨガ・ピラティスカレッジ資格一覧

内閣府認証日本統合医学協会認定資格

メディカルピラティスインストラクター資格対応
メディカルヨガインストラクター資格とは
医療従事者に準じる医学知識を活かしながら、心身に抱えている不調や症状、メンタルの乱れを整えるアーサナ(ポーズ)を学びます。また、ヨガに加えて、基礎医学や心理学・アロマまで知識を広げて学ぶことで、総合的に、自然治癒力を高め、症状を緩和させるためのアドバイスが行えるようになります。代替医療としてのヨガを指導するために必要となるスキルや知識を修得できる資格です。
メディカルピラティスインストラクター資格対応
メディカルピラティスインストラクター資格とは
医療従事者に準じる医学知識を活かし、美容やダイエットだけではなく、ケガのリハビリ、姿勢のゆがみによる腰痛や肩こりなどの不調改善に有効なエクササイズを学びます。また、ピラティスに加えて、基礎医学や心理学・ハーブまで知識を広げて学ぶことで、総合的に、自然治癒力を高め、症状を緩和させるためのアドバイスが行えるようになります。代替医療としてのピラティスを指導するために必要となるスキルや知識を修得できる資格です。
当校のメディカルヨガ・ピラティスインストラクター資格取得講座の特徴

当校は、ヨガ・ピラティスの実技指導をはじめ、統合医療のプロフェッショナルが各専門科目を担当。
ヨガ・ピラティスの専門知識だけでなく、高い指導力と確かな知識を身につけたインストラクターが目指せます。
また、オンライン学習システムをいち早く導入。学びの環境も整っています。

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)

メディカルピラティスインストラクター資格対応
全米ヨガアライアンス
RYT200(Registerd Yoga Teacher 200)とは
全米ヨガアライアンス協会が定める基準を完全に満たした認定校において規定のカリキュラムを修了し、卒業条件を満たした時点で、全米ヨガアライアンス協会認定インストラクターとして登録することが可能です。登録後は、全米ヨガアライアンス協会認定インストラクターとして活躍が可能になります。RYT200資格は、ヨガインストラクターとして必要となる心得や知識を修得できる資格です。
当校のRYT200資格取得講座の特徴

全米ヨガアライアンスに認定されたヨガスクールは、全米ヨガアライアンス協会が定める基準に
のっとったヨガインストラクター養成コースを開催しています。
ただしスクールが教える内容は、アーサナの数や、時間数などの規定以外はそれぞれ異なっています。
当校では、統合医療の視点から学ぶことができます。

まずはお気軽にお問い合わせください

Page Top